• Hasegawa Yumi

台湾5月28日まで、全国の感染状況警戒レベルを第3級に引き上げ

衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)は5月19日、同日から5月28日まで、台湾全土における感染状況警戒レベルを第3級に引き上げ、関連制限措置を強化するとのプレスリリースを発表していますので、台湾に在留或いは訪台を検討している邦人の皆様はご留意ください。


衛生福利部疾病管制署プレスリリース(仮訳)


 国内の感染状況が引き続き深刻であることを踏まえ、指揮センターは即日(5月19日)から5月28日まで、全国の感染状況警戒レベルを第3級に引き上げ、各地同時に防疫制限措置を厳格化・拡大し、コミュニティの防衛ラインを厳守する。


 中央流行疫情指揮センター(CECC)は本(5月19)日、現在COVID-19に関する国内の感染状況が引き続き深刻であり、台北市と新北市以外の県・市にも国内感染の事例が発生したことを踏まえ、関連の防疫措置を強化するため、即日(5月19日)から5月28日まで、全国に対する感染状況警戒レベルを第3級に引き上げ、全国の人々が現在の警戒第3級の警戒規制措置を引続き遵守し、政府と協力して、コミュニティにおける防衛ラインを厳守するよう要請すると発表した。


 指揮センターは、現時点で警戒レベルを第4級まで引き上げる必要はないが、対応措置を採り、防疫キャパシティを強化することを強調した。


1.全国の基準を一致させ、地方と共に一体的に執行することで、指揮センターが発表したガイドライン及び基準に基づいて徹底的に執行する。地方において資源やマンパワーが不足する事情があれば、指揮センターが全力で調整・協力する。


2.指揮センターは、地方政府に対し毎日開催する全国防疫会議への参加を要請する。陳宗彦・副指揮官、石崇良・衛生福利部次長が主宰し、防疫リソースの統合、実施状況の確認、偽情報への反駁を行い、会議終了後には記者会見を開催し、陳副指揮官から偽情報についての事実を説明する。


3.医療キャパシティは十分であり、人々は心配する必要はない。以下の4つの医療キャパシティは引き続き向上しており、中央は地方のニーズに対して全力で支援する。

(1)検査場:ホットスポットに検査所を増設し、地方政府に対し症状のある患者のための「緑色通道(迅速なルート)」を設置するよう再度求めるとともに、感染確定後の6時間以内に(深夜の時間を除く)に感染が確認された患者を症状に応じてレベルを分け、集中検疫所や医療機関に搬送するよう再度求める。


(2)防疫ホテル:5月18日時点で、全国の防疫ホテルは計17,789室あり、うち既に10,501室が利用され、使用率は59.03%に達している。地方政府に対し、引き続き防疫ホテルの拡充を求める。


(3)集中検疫所:現在39か所、計4,500室あり、うち既に2,500室が使用され、空室が2,000室である。引き続き約2,000室を拡充させ、いつでも緊急使用が可能な部屋を確保する。


(4)専門病院及び対応病院:既に全国専門病院及び伝染病防止医療ネットワーク/県・市対応病院を始動させており、専門病室2,412室及び陰圧隔離病室1,068室の提供が可能である。また、その他のすべての受入れ・治療病院に対し、指揮センターの対応メカニズムに従い、専門病室を全面的に拡充するよう求める。

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示